1. HOME
  2. Analytics
  3. 計測前に設定するべきこと - Google Analytics -

計測前に設定するべきこと - Google Analytics -

Analytics

アクセス解析には2種類ある

ビーコン型

貼り付けたトラッキングコードが、別のサーバーにデータを常に送信し、記録をとるため1度計測したら計測のし直しは不可

ログ型

サイトのデータはが保管されているサーバーが常に記録をとり、それを別途のソフトウェアなどで集計・分析する


Google Analyticsはビーコン型にあたるため、最初に計測のための準備をしっかりしておくことが重要
分析における、目標の設定をしっかりしておかないと、訪問数を見るだけで満足、改善への糸口がつかめない。

計測前設定

上にも書いた通り設定をしっかりしておかないと、ただ見るだけになってしまうので設定が必要になってきます。

  • 基本のプロファイル設定 |s| * 基本設定 |s| * 通貨の設定 |s| * デフォルトページの設定 |s| * サイト内検索

"基本設定"は【アナリティクスの設定 > プロバティ設定】からできます。



"デフォルトページの設定""通貨の設定""サイト内検索"は【アナリティクスの設定 > ビュー設定】からできます。



基本設定


プロパティ名を変更します。(初期設定で変更がない場合はそのままでOK)
こちらは日本語でも大丈夫です。



デフォルトページの設定/通貨の設定/サイト内検索



通貨の設定


通貨の設定は【日本円】に変更します。

デフォルトページの設定

例:【https://kigiroku.com/】と【https://kigiroku.com/index.html】が同じページになっている
Google Analyticsでは上記のようにURLは違うものの同じページが表示される場合だとURLが違うということで別のページとしてとらわれてしまいます。

それを伏せぐためにも【使用しているドメイン/index.html や top.html 、index.php】などにアクセスして同じページが表示されるものがないか確認します。

同じものは表示されるURLがある場合はデフォルトページの設定に【例:index.html】と記載します。
どのURLにも該当しなかった場合は空欄にしておきます。

サイト内検索

※サイト内に検索がない場合はこちらはスルーでOK

検索がある場合は実際に検索フォームで検索したときにでるURLを参考にします。



画像を例にすると【https://kigiroku.com/blog/entry.html?keyword=使い方】となり、
【?】のあとの部分の【keyword】がクエリパラメーターとなります。



サイト内検索の設定から【サイト内検索のトラッキング】を【オン】にし、さきほど調べた【クエリパラメータ】を記載します。(5つまで指定可能)


他に検索カテゴリーがある場合も同等に指定します。

あとがき

次回は計測前に設定するべきこと?として、目標の設定についてまとめてみようかと思います。


GA

この記事を読んだ方におすすめ