1. HOME
  2. その他
  3. 注釈画像の作成などに便利なツール【Skitch】

注釈画像の作成などに便利なツール【Skitch】

その他

最近当ブログ記事でのフロー画像や注釈に使い始めた【Skitch】がわざわざPhotoshopを開いて画像を編集するよりも便利なので紹介。
もちろんしっかり画像を編集したい場合はPhotoshopなどがダントツです。ちょっとした画像編集のときに使えるのが【Skitch】です!

基本的に7つのツール+カラーピッカー・線の太さの変更で画像の編集ができます。



矢印ツール


ドラッグした方向に向かって矢印が引かれます。
初期値はピンクの矢印でこれもカラーピッカーで変更可能。



文字ツール


テキストが打てます。初期値はピンクのテキスト。
Skitchのデフォルトの書式を消したい場合はテキストを打った後クリックして選択。
上に出た【a】をクリックすることで書式の削除・追加ができます。



線・図形ツール


四角・角丸・円形・線が選択可能。



ペン・蛍光ペンツール


実世界の通常のペンや蛍光ペンと同様、フリーハンドの線がかける。蛍光ペンツールでは半透明の線が引けます。



スタンプツール


特定の部分を強調したり、補足用にテキストを追加したり、スタンプの向きを示すポインターを追加することができる。
テキストの追加はスタンプを押したあとに選択すると右側にでる黒の【a】で追加することができます。



モザイクツール


ドラッグで任意の場所にモザイクを書くことができます。
Skitchで編集した文字や図形にはモザイクをかけることはできません。



切り取り・サイズ変更ツール


選択範囲を縮小・拡大することで画像の切り取りができます。また数値でのサイズ指定もできます。
画像より大きく範囲を伸ばすと自動的にキャンバスが拡大され余白を作ります。



保存


保存は【ファイル > エクスポート】から!
またが【コマンド + E】でできます。