1. HOME
  2. セミナー
  3. Mautic Meetup Nagoya #2「基本操作ワークショップ」 に参加しました

Mautic Meetup Nagoya #2「基本操作ワークショップ」 に参加しました

セミナー

ベースキャンプ名古屋で行われた、【Mautic Meetup Nagoya #2 「基本操作ワークショップ」】に参加しました。
【Mautic Meetup Nagoya #1 「始めてみよう 〜 インストールと基本操作」】の記事はこちら
今回は【Mauticドキュメント】に沿って機能を実際に軽く触ってみたり、どういった機能があるかの説明でした。
セミナー内でやったことを簡単にメモしています。

mauticのアカウントを作成



"mautic.com"にアクセスし【Create Free Account】をクリックし、表示される画面に沿って登録をしていきます。


mauticにログインをして日本語に変更する


"mautic.com"で登録が完了すると左の画面になるのでURLをクリックしログイン画面に移動しログインします。



ログイン画面すると下記の画面になるので右上の歯車のボタンをクリックし、【Configuraion】をクリック



【System Settings】→【System Defaults】→【Default language 】をJapaneseに変更し、右上の【Apply】をクリックしたら変更完了です


フィールドの作成

右メニューの【リード】から【フィールド管理】→【新規】をクリック
新規フィールドの作成ではフィールドが保持するデータ型を定義することができたり、特定のフィールドのグループを選択できる。



フィールド一覧ではクリックのみで簡単に公開・非公開を変更することができる


スマートリストの作成

  1. 左メニュー【リード】から【リスト管理】を選択
  2. 右上【新規】をクリック
  3. 詳細では最低でも【名前】を入力する
  4. フィルターで[ひとつを選択]と書いてあるプルダウンから一つを選択
  5. 条件・valueを入力したら右上の【適用】をクリック


どういうリストが欲しいのか相談しつつリストを作成していくのがいい◎


リードの管理について

作成しておいたExcelからリードをインポートすることができる。※UTF-8で設定をしていないと文字化けする※Proのアカウントでできる

リードを新規作成し、リードの個人のページへ飛ぶと下の画像のような画面になる



ポイントの確認や、タイムラインの閲覧、メモの作成やmauticからメールを送信することができる



フォームの使い方


  • キャンペーンフォーム
     mauticの本来の使い方のフォーム※今回はこちらを使用
  • スタンダードフォーム
     あとでキャンペーンフォームと結びつけることも可能

右メニューの【フォーム】から【新規作成】をクリック
詳細からフォームの基本情報について入力する
フィールドの設定では【リードフィールド】をしっかり設定することが重要!



ここ(上画像の設定)で先ほど設定したリードリストをマッチしたリードフィールドを設定することが重要


フォームの設置方法



作成したフォームのページに飛ぶと右のほうに緑色の背景の枠があり、そこで【自動】【手動】のどちらかを選択し、設置することができる。


手動でやる場合はコードを表示しコピーして設置することができる

concrete5やWordpressではそれぞれaddonやプラグインがあり楽にフォームを設置することができる



フォームを送ってくれた方へお礼のメールを送る


フォーム作成時に【スタンダードフォーム】を選択すると、【アクション】タブがあり、そこでユーザーにメールを送る設定などができる

キャンペーンビルダーの設定

右メニュー【キャンペーン】から【新規】→【キャンペーンビルダーを起動】をクリック
先ほど作ったキャンペーンフォームを使用するなどしてお礼のメールを送信するなどといった設定ができる



「何分間待つ」などの設定もできあたかも人が見てから返信したというような演出もできる。
アクションなどをつないでいき、ポイントを追加・減少させることで見込み客などを絞り込むことが楽になる


<< 例 >>



フォームから連絡がきたら1時間まってお礼メールを送信(ポイント+6)
メールが開封された場合はさらにポイントを+6し、3日待っても開封されないい場合はポイントを減点する
といった細かい指定もすることができる